とある中学生プログラマーのブログ

中学生のIT系ブログです。このブログでは、主に、セキュリティ、プログラミング、3Dプリンタ、3DCAD、IoTについて書きたいと思います。ちなみに、転載は自由です。
リンクフリーですが、できれば連絡していただければ幸いです。免責事項:本ブログで、いかなる形で損害を被っても一切責任を問わないものとします。

中学生プログラマーのための、GNU/Linuxガイド その1

こんにちは。幽霊ハッカーです。更新が半年くらい遅れてすみません。この間、書いてはボツ、書いてはボツの繰り返しでやっと書き上げた記事です。さて、突然ですが、あなたはどのOSを使っていますか。もし、スマホでこの記事を見ているのであれば、AndroidかiOSですし、パソコンにAppleのロゴ(食われかけのりんご)が入っていればMac OSXでしょうし、そうでなければ基本Windowsでしょう。OSは、マウスでのクリック操作の画面を作ることから、ソフトウェアの管理まで、裏方をすべて取り仕切っているソフトウェアです。
さて、幽霊ハッカーはというと、GNU/Linux(グヌーリナックス)でLinux mintというソフト(ディストロ)で動かしています。さて、今回は、GNU/Linuxについて書きたいと思います。まず、
GNU/Linuxという名前は、聞いたことのない人がほとんどでしょう。GNU/Linuxは、Linuxカーネルというカーネル(起動中のソフトウェアの動きの管理やディスクへの読み書き、メモリへの保存などを行うソフトウェア)の上にディストロ(ユーザーインターフェースなどの高度なところを扱うソフト)が動いているシステムの組み合わせの総称です。そして、GNU/Linuxは、その多くが無料で使えます。「多くが」と書いたのは、ごく一部は有料か、本体が無料でも、アップデートが有料だったりするからです。さて、GNU/Linuxには、いくつかいいところがあります。まず、無料で使えることです。しかも、ただ無料なだけでなく、ある程度の知識があれば、自由に改造できます。というのも、ソースコード(コンピュータで動かす形式になる前のソフトウェアの状態)が公開されているので、自由に改造できます。次に、速い、ということです。Windowsの場合、余計な機能が沢山付いているため、とても遅いです。Windows7になって、動作が速くなったとはいえ、ある程度の性能がないと使えたものではありません。それに対し、Linuxは、余計な機能が省かれている上に、開発に色々な人が加わって軽くするための工夫が多く施されているため、軽くなっています。また、Bashシェルという、高性能なシェル(文字を入力してファイルやソフトウェアを操作するソフト)が搭載されているため、コマンドを覚えれば、操作が速くできます。最後に、プライバシー保護やセキュリティが強い、ということです。Linuxは、オープンソースなので、個人情報の収集をしようものなら簡単にわかるため、個人情報の収集が行われにくいです。また、セキュリティも、Linuxをターゲットにしたウイルスや攻撃が少ない上に(*1)、セキュリティが厳重なOSであるため(*2)、サイバー攻撃の被害に遭いにくいのです。さて、ここでインストール、といきたいところですが、せっかくたくさんのディストリビューションがあるのですから、アンケートをとって決めようと思います。そんなわけで、コメント欄にLinuxでやりたいことを書き込んでください。できる範囲でディストリビューションを選択してまた書きたいと思います。因みに、ゲームはなしです(笑)(Linuxはゲーム関連が弱いです)


(*1):厳密に言えば、あるにはあるのですが(Stuxnetなど)、大抵企業のサーバやインフラの管理システムで作動するように作られているため、個人では仮に感染しても発病しません。ちなみになぜ重要なシステムで発病するかというと、重要なシステムでは、改造しやすくて便利なLinuxが使われているからです。また、Linuxではサーバを構築しやすいという利点もあるため、サーバOSに使われます。


(*2)Linuxでは、各アカウントで、アクセス権限が違う上に、実行する場合には775という特殊な権限を付与する必要があるため、わざわざ実行する準備が必要というわけです。

3Dプリンタ到着

こんにちは。幽霊ハッカーです。今年初の投稿です。さて、もう二週間も前の話になるのですが、3Dプリンタが到着しました。最近卒業関係などが忙しくて更新が遅れました。組み立ての写真を撮ろうとしたのですが、かなり厄介なことになっていたので撮れませんでした。とりあえず、アドバイスを書くとすれば、ねじは慎重に締めよう、ということです。(自分は大量にネジ穴をつぶしました)
造形中の写真です。

とりあえず、自分でモデリングしたボタンと、付属していた3Dモデルをつくりました。
ボタンの方はゆがんで使えたものではありませんでしたが、付属していた3Dモデルの方は結構輪郭がなめらかで、精度25μmは伊達ではないという感じでした。しかし、ヒーテッドベッドがまだ到着していないのですが、ヒーテッドベッドが必要なABSプラスチックを使っているので、一回使ったところは冷えてプラスチックがベッドにこびりつくため一度使った面は使えなくなります。次回の記事を書くときには、ヒーテッドベッドが届いているはずなので、何とかなっているでしょう。

スライシングシステム構築

こんにちは。幽霊ハッカーです。11月も終わり、いよいよ2016年も終盤、12月です。ところで、クリスマスには皆さんなにを頼みますか。僕はRaspberry piという小型の開発用PCを頼もうと思っています。さて、前回の記事で、3Dプリンターを注文した話を書きました。それで、Pangoが使えないという話を書きました。何故かと言うと、OpenGLというライブラリ(大雑把に言うとプログラムを簡略化するためのソースコードやファイル)で問題が起き、使えず、ドライバを更新しても使えなくてお話になりませんでした。そのため、もう一台のパソコンにデータを移し、それでスライスするという話を書きました。それで、色々検討した結果、メインコンピューターにFTPサーバーを構築し、3Dデータが蓄積されているところをFTPサーバーのルートフォルダ(FTPでアクセスできるトップのフォルダー)にし、そこからブラウザやFFFTPなどでダウンロード、そしてスライスしてできたP-CodeないしG-Codeをアップロードするという形です。さて、実際には、
1.

からFilezilla Serverをダウンロードし、インストールします。
2.デスクトップのショートカットからFilezilla Server Interfaceを起動し、[Edit]=>[Users]を選択します。
3.[Users]の所の[add]を選択し、好きなユーザー名を入力し、OKをクリックします。
4.最後に、[share folders]を選択し、3Dデータを入れておくフォルダを選択し、追加します。
これで終わりです。3Dデータの作り方については、今記事を執筆中なので、もうしばらく待ってください。そういえば、3Dプリンターなんですが、DDDJapanのアナウンスによると、クリスマスのあたりか、年をまたいで、2017年に届くかもしれません。

3Dプリンター注文

こんにちは。幽霊ハッカーです。ここ2,3週間記事を更新していなかったのはネタが尽き始めたのと、色々忙しかったり、風邪で寝込んだり(計三回)したからです。さて、今日、(ごく一部で)話題に登っている、3Dプリンターを注文しました。(厳密には父に注文してもらいました)実は、8月辺りから3ヶ月間色々検討し、今日注文したのです。ちなみに、機種は、Kodama Trinusです。ついでに、ヒーテッドベッド(高温になる造形のための台)とカバー(むき出しだと家にいる兄弟が触ると危険なので)、それからABS樹脂のフィラメントも注文しました。届くのは2~4週間だそうですが、他のブログを見たところ、もっとかかりそうです。3Dプリンターを決めるときにhttp://dogenkogen.blog.fc2.com/?pcを参考にしました。発送元のDDDJapanが注文のときに、フィラメントの方が発送時期が早いということなので、おそらく、注文したフィラメントが3Dプリンターよりも先に届くとおもいます。ちなみに、ソフトはCADがAutodesk Fusion 360とSketch UP(現在使用方法を研究中)、スライサー(3Dプリンターで出力するためのG-CodeデータなどをSTLファイルなどから生成するソフト)はPangoを使うのですが、OpenGL関係でエラーが出るので、もう一台のノートPCにデータを移し、そこでスライスしようと考えています。また、Kisslicerも使用します。到着したら、組みたての様子もお知らせしたいと思います。



サイバー攻撃対策

こんにちは。幽霊ハッカーです。今回は、サイバー攻撃の対策を書きたいと思います。まず、データの暗号化ツールです。VeraCryptと言うツールで、FBIの解析に耐えたTrueCryptの後継ソフトです。
https://veracrypt.codeplex.com/
からダウンロードでき、無料です。ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたツールを実行し、後は、暗号化したいファイルやドライブを暗号化してください。(間違ってもCドライブやシステムファイルを暗号化しないでください。)これで、重要なファイルなどを暗号化しておけば、ハードディスク丸ごと盗まれたりしても安心です。次に、身元を隠してサイトを閲覧することのできるTor Browserです。これは、Torというアメリカ海軍の研究所で作られたシステムを使ったブラウザで、身元を特定することがほぼ不可能です。(ただし特定された例もわずかにあります)そのため、FBIの犯罪捜査に使われています。そのTorBrowserは、https://www.torproject.org/projects/torbrowser.html からダウンロードすることができます。ダウンロードしたら、後はウィザードに従ってインストールするだけです。最後に、強力なパスワードを作るサイトです。パスワード生成(パスワード作成)です。これで生成したパスワードをVeraCryptやYahoo、ブログなどのパスワード作成に使ってみてはどうでしょうか。