とある中学生プログラマーのブログ

中学生のIT系ブログです。このブログでは、主に、セキュリティ、プログラミング、3Dプリンタ、3DCAD、IoTについて書きたいと思います。ちなみに、転載は自由です。
リンクフリーですが、できれば連絡していただければ幸いです。免責事項:本ブログで、いかなる形で損害を被っても一切責任を問わないものとします。

第三回 小学生プログラミング講座

こんにちは。幽霊ハッカーです。前回、Hello,Worldという文字列を表示するプログラムを書きました。今回は、内容を解説したいと思います。まず、ソースコード(プログラムの内容)を見てください。
package helloworld;


public class helloworld {
public helloworld() {
System.out.println("hello,world");
}
}
まず、package helloworld;は、「これはhelloworldというパッケージに入っているプログラムだよ」ということを示しています。ちなみに、パッケージはJDeveloperが勝手に作ってくれているので、別に問題ありません。次に、public class helloworldというところがありますが、ここは、helloworldというクラスを作る命令です。クラスと言うのは、プログラムの塊の一つで、パッケージの次に大きな塊です。クラスには種類があり、その種類もまた色々な種類があります。今回は、Publicという種類を指定しています。次に、public helloworld()というものですが、これは、クラスの中のさらに小さい塊で、この中にプログラムを書きます。そして、System.out.println("hello,world");。これは、文字列を表示する命令で、この場合はhello,worldを表示するように指定しています。
今回はここまでです。次回は、マウスで操作できるソフトを作りたいと思います。