とある中学生プログラマーのブログ

中学生のIT系ブログです。このブログでは、主に、セキュリティ、プログラミング、3Dプリンタ、3DCAD、IoTについて書きたいと思います。ちなみに、転載は自由です。
リンクフリーですが、できれば連絡していただければ幸いです。免責事項:本ブログで、いかなる形で損害を被っても一切責任を問わないものとします。

スライシングシステム構築

こんにちは。幽霊ハッカーです。11月も終わり、いよいよ2016年も終盤、12月です。ところで、クリスマスには皆さんなにを頼みますか。僕はRaspberry piという小型の開発用PCを頼もうと思っています。さて、前回の記事で、3Dプリンターを注文した話を書きました。それで、Pangoが使えないという話を書きました。何故かと言うと、OpenGLというライブラリ(大雑把に言うとプログラムを簡略化するためのソースコードやファイル)で問題が起き、使えず、ドライバを更新しても使えなくてお話になりませんでした。そのため、もう一台のパソコンにデータを移し、それでスライスするという話を書きました。それで、色々検討した結果、メインコンピューターにFTPサーバーを構築し、3Dデータが蓄積されているところをFTPサーバーのルートフォルダ(FTPでアクセスできるトップのフォルダー)にし、そこからブラウザやFFFTPなどでダウンロード、そしてスライスしてできたP-CodeないしG-Codeをアップロードするという形です。さて、実際には、
1.

からFilezilla Serverをダウンロードし、インストールします。
2.デスクトップのショートカットからFilezilla Server Interfaceを起動し、[Edit]=>[Users]を選択します。
3.[Users]の所の[add]を選択し、好きなユーザー名を入力し、OKをクリックします。
4.最後に、[share folders]を選択し、3Dデータを入れておくフォルダを選択し、追加します。
これで終わりです。3Dデータの作り方については、今記事を執筆中なので、もうしばらく待ってください。そういえば、3Dプリンターなんですが、DDDJapanのアナウンスによると、クリスマスのあたりか、年をまたいで、2017年に届くかもしれません。